ドル円の反発が激しい

前日にトランプと安倍が電話会談やったらしい。
世界の金融市場を買い支えるために日本のカネを当てにしたトランプが仕組んだものだろう。その効果はてきめん。米国市場もドル円も大幅な反発となった。

1ドル=100円割れを決め込んでいる私は追い詰められてきた。苦しい。来週の展開によっては資金を2万円ほど追加(ボーナスが加算されると4万円の効果)も考えなければならないだろう。当初1万円を1億円にすると豪語してきたがすでに2万円の資金追加しているから、これで合計5万円になる可能性がある。

やはり1万円では戦えないのか?為替は予期しない方向に動くことが多々あるからその場合でも耐えられる資金を用意して取り掛かる必要があるのかもしれない。

世界市場
世界市場
マイポジション
マイポジション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です