今週のドル円は更に暴落、売りのチャンス

先週末の米国市場は引け前にパウエル議長発言を受けて猛烈に値を戻した。今週は反発がありそうだが、それでも再度下へ大きく売られていく展開になるだろうと思う。
世界市場を改めて見てみると日本、中国、韓国、東南アジア、ヨーロッパが大きく下げている。原油も下げているのは今後の景気後退を懸念しているのだろう。金は意に反して下落しているがこのところの上げが大きかったからだと思う。国債が大きく下げてきているので大きなドル安要因だ。

私は売り買いをこまめに行うのをやめて、売り一本でじっと待つ予定。千載一遇のチャンスて資金をドカンとつぎ込めば良さそうだが、それでも私は0.01ロットx3のショボいポジションしか持たない。これまで何度も市場は想定外の動きをして来たのを見てきたからだ。急な反発があれば0.01ずつ間隔を空けて売りを入れていく。

どんな想定外の動きがあっても潰れない。価格が逆行した時に備えて充分な資金を残しておく。それが資金管理というものだろうと思うのだ。将来大きな資金を動かすために今は地道な自己コントロールの訓練。

先週末の世界市場
先週末の世界市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です