異常なドル高がなぜ起こっているのか?(結論)

今回の大暴落相場で口座を吹っ飛ばしたaikoです。
リスクオフの円高を信じてドル円をショートしたのですが、思わぬ踏み上げにあってしまいました。
おそらく私と同じ憂き目にあった方は多いでしょう。ファンダメンタリストを名乗る私はこの値動きが解明できるまで再び参戦をしないという決心をしました。

私が今回の相場で学んだことをは以下の通りです。
1)通常の暴落時は円、金、債権が買われるが、常識を超えた株価暴落時は、ドルへの現金化の動きが起き、流動性のより高いドルが円よりも強くなる。金や債券すらも売られる。
2)このような状況化ではドル円よりも豪ドル円をショートすべきである(慣れてないので私は当分やりませんが)。

正直言ってわからない事ばかりですが、ドル円はこれ以上強くはならないという思い込みをベースにして間もなく相場を再開させます。

世界の相場
世界の相場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です