1ドル=110円の抵抗ライン(静観継続)

やはり1ドル=110円の抵抗ラインは厚いらしく膠着状態。下に垂れては再チャレンジを繰り返すレンジの局面だ。値幅は極めて小さい。トライアングルの持ち合いにも見えてエネルギーを蓄えているような。景気後退局面から当然下に動くはずだが、現実は簡単にそうはならない。米国の株価が強すぎる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です