今後の方針(反省)

この2日の急激な円高で私のトレードは壊滅的打撃を受けた。
そのまま口座が吹っ飛ぶと思われたが、30000円ほどのクレジットのおかげで生きながらえてはいる。
しかし、事実上の敗北。すべてを総括してもう一度やり直そうと思っている。
敗因はGPIFや生保の動きに無知だったことと、勉強不足。
しばらくは相場を見つめ、他のブログ、Youtube動画を見ながら勉強しようと思う。

その中で気がついたことをブログに記していきます。
その意味でこのブログを始めたのは正解だったと思います。

最近論じられているのが、『リスクオフの円買い』から『リスクオフの円売り』へと投資家の行動パターンがシフトしたのではないかということだ。
これまで3.11のような日本の危機的状況にあっても『リスクオフの円高が進む』という行動パターンがあったのだが、今回の新型コロナウイルス危機では円高が進まない。
これまでのセオリーが当てはまらないことをどう解釈するかというのが今後の投資の大きな指針となる。

でも私はこの説には納得はできない。なぜなら日本株はそれほど売られていないからだ。
おそらくこの世界経済の危機的状況で株価を維持したい連中がGPIFや生保を利用しながら相場の買い支えを行っていると考えるべきではないだろうか。
この疑問を解消した上で、再スタートを切ることにしたい。

株・FX世界市場の展望
株・FX世界市場の展望
トレード成績
トレード成績