GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が為替相場に影響を与えるしくみ

(要旨)日本の年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は世界最大の機関投資家(運用規模160兆円)であり、日本ならず世界の金融市場に大きな影響を及ぼしている。
最近では日米政府の意向を受け相場を買い支える道具として利用されているフシがあり、世界の相場がイビツナ動きをするのはGPIFの買い支えによるところが大きい。投資家としてはGPIFの動きをつかんでおく事が必須である。

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用実績
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用実績

日本の公的年金の運用を行っているのがGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人:Government Pension Investment Fund)だ。その運用資産は約160兆円といわれている。

このGPIFは、2001年から自主運用を始め、ほぼ国債で運用していたが、2014年、株式・海外の基本ポートフォリオ(運用比率)を増やした(上段新聞記事参照)。国内・海外、株式・債券、それぞれの割合は下のグラフの通り。

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)のポートフォリオ[
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)のポートフォリオ

それだけでなく、米国および日本の株価が危機的状況を迎えるとGPIFは露骨な買い支えを行い、結果的にドル円相場もドル高方向に誘導する(国内資金が海外運用されることになれば円を売ってドル買う必要があるため)。売国奴、安倍首相は米国と結託し、最も手堅く運用しなければならないはずの日本人の年金を海外投資に振り向け、国際的買い支えの資金源として国民の財産をリスクにさらしている。

GPIFの基本ポートフォリオでいうと、昨年3月末から6月末までに海外運用比率は2.0%上がった。現在GPIFの運用金額は約160兆円であり、その2%分は約3兆円となる。この金額は非常に大きい。GPIFはダントツの世界一の年金基金である、2位のノルウェーの政府年金基金の約1.3倍の規模だ(下のリスト参照)。GPIFが購入すれば、生命保険をはじめとした機関投資家も右に倣えで動く可能性は高い。

世界一の機関投資家GPIF
世界一の機関投資家GPIF

昨今の経済危機が叫ばれる状況で、株高、ドル高は理屈として納得できないが、市場はこのように国家が市場に干渉する官製相場に成り下がってしまっているということにほかならない。

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の収益率
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の収益率
GPIFの国内株式主な投資先
GPIFの国内株式主な投資先
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の国別投資先
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の国別投資先

1万円から1億円の戦術(3)

FXはたとえド素人でも勝ち続ける可能性がある。
なぜならFXは自分の代わりに他者にトレードしてもらったり(シグナルトレード)、ロボット(エキスパートアドバイザー)に取引をしてもらったりすることができるからだ。

ただ日本ではシグナルトレードは法律に引っかかるし、ロボットを利用するだけの十分なレバレッジが得られない。そこで海外のFX業者(レバレッジ500倍が可能)を利用し、メタトレーダーを活用することが資産を築く原動力となりうる。

私は今は裁量トレードをやっているが、その手法は以前活用したからEAから学んだものだ。
そのロボットはナンピンをもっと緩やかにした手法で連戦連勝を続けてくれたが、数ヶ月に1度ぐらい想定外の市場の動きに飲み込まれると口座をパンクさせてしまった。
私はそのリスクを緩和させるために独自の裁量トレードを始めたが、力量を高めた上で再びロボットを使って勝負したいと考えている。夜寝ている間に着実に資産を増やしてくれたロボットの使い心地の良さが忘れられないのだ。

自動取引
MetaTrader のサイトには多くのロボットたちがひしめいている。

レンジの中でうごめく負のエネルギー(予兆)

今日もレンジ相場が続く。昨日までと同じように。。。
しかし、新型ウイルスの国内での広がりは新しい局面を迎えた感がある。中国との直接関係のない2次、3次感染の広がりが濃厚になっているのだ。

おそらくこれから1ヶ月ほどで感染が爆発するのではないかという不安を多くの日本人がぬぐえなくなってきている。国内線の乗客数もいつもの2割り程度だという話を知人から聞いた。

相場は表面上平静を装っている。しかし、自らに降りかかる生命の危険を感じたとき、投資家心理が大きくマイナス方向に動きだすことだろう。ここまで相場を買い支えて来た政府機関のおごりも群衆の暴発にはなすすべがなくなるだろう。

株・FX世界市場の展望
株・FX世界市場の展望

トレード成績
トレード成績

レンジは続く(たいくつ~)

一度110円をブレークしようとする動きもあったが、やはり上値は重い。
私にとって110円ラインは生命線だが、もはやビビる事もなくなった。
いったんブレイクしても必ず110円ラインへ戻ってくるはずだし、実際そうなった。
その動きを利用してごく僅かだが利確した。

実体経済の崩壊とそれを食い止めようとする勢力の戦いがこのラインで繰り返されている。
アメリカの大統領選挙を有利に進めようとするトランプとそれに媚びる日本の資金が実体経済を支えようと必死になっているのだろう。
最終的に新型コロナウイルス蔓延による東京オリンピック中止ぐらいの強力なインパクトがあれば彼らの息の根も止まる。
もちろん実体経済も崩壊に向かうが、私は敢えてそれを望む。とりあえず私は不正が許せない。

株・FX世界市場の展望
株・FX世界市場の展望

トレード成績
トレード成績

アメリカ株価とドル上昇のからくり(やっぱり)

なるほどこれならいくらショートしても儲からないわけだ。

米株価とドル上昇のからくり
捻じ曲げられる市場原理

[東京 12日 ロイター] – 正午のドルは前日NY市場終盤から小幅高の109円後半。朝方の安値109.78円からじり高で、一時109.89円まで上昇した。

市場ではドルの下値で、国内年金資金が外債投資に絡むドル買いを入れているとの思惑が出回っている。先に発表された1月の対外中長期債投資で、公的年金の動向を反映するとされる信託勘定が2兆0157億円の買い越しと、遡及可能な05年1月以降で最大を記録したためだ。

市場では1月中から、ドルが下落する局面では国内勢の買いが目立つとの指摘が多数出ていた。「今回の大規模な対外投資は、昨年から基本ポートフォリオの見直し作業を進めていた年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、為替ヘッジなしの外債投資を増やした可能性を示唆しているかもしれない。今後も円売りを伴う本邦投資家による活発な対外投資が、円安圧力としてドル/円相場を下支えするだろう」(JPモルガン・チェース銀行)という。

2月12日の世界市場
株・FX世界市場の展望

トレード成績
トレード成績

1ドル=110円の抵抗ライン継続(あくび)

まじで動かない。一方でスワップは日々積み上がっていくので面白くはない。
だがここで動けばろくなことがないだろう。トレードはただひたすら待つことも大事だと思う。

株・FX世界市場の展望

トレード成績

1ドル=110円の抵抗ライン(静観継続)

やはり1ドル=110円の抵抗ラインは厚いらしく膠着状態。下に垂れては再チャレンジを繰り返すレンジの局面だ。値幅は極めて小さい。トライアングルの持ち合いにも見えてエネルギーを蓄えているような。景気後退局面から当然下に動くはずだが、現実は簡単にそうはならない。米国の株価が強すぎる。

1万円から1億円の戦術(2)

為替と株価は連動している。
私はFXを始めて1年ぐらいはこの事実を知らなかった。
世の中にはそのことを知らないで取引している人は多いと思う。
なぜならあまりに多くの経験者がテクニカル分析に夢中になってファンダメンタルを無視しているからだ。

たとえばあるペアの値動きがレンジに入ってトライアングル(三角もちあい)を形成したとする。
その後トライアングルを上に抜けるか、下に抜けるかを多くの人はテクニカル分析だけで予想しようとする。
しかし私は他の通貨、世界の株価、商品相場、金利などが影響を及ぼすのであるから
それらをひと目で見れる工夫をしている。

私が使っているサイトは世界の株価というサイトで、自分で加工して使っている。

1万円から1億円の戦術(1)

FXは突き詰めれば上がるか下がるかだ。その動きを当てれば儲けられる。しかし実際には上がったり下がったりして利益が結局0になる事が多い。トレンドをつけて一方的な展開になるよりもある一定のレンジで値動きすることのほうが多いのだ。

であれば利益が0になる前にこまめに利食わなければならない。そして意に反して逆に値が動いた場合でも値が戻るまで耐えられるように最小ロットでエントリーする必要がある。

それ故、私の注文単位はいつも最小の0.01ロットである。利が乗れば早めに利食う。逆方向に値が動いた場合でも決して損切りしない。0.01ロットであれば損切りの必要がない。たとえば50銭逆に動いたら再び0.01ロット注文を入れる。さらに50銭逆行すれば再び0.01ロットの注文を入れる。その繰り返し。俗にいうトラリピという手法だろう。

おかげでこの1年間一度も損切りをしたことはない。100戦100勝だ。しかし残念ながらこれを書いている現在、利益とほぼ同額の損失を抱えている(笑)

ファンダメンタルズ観点からしてこれから世の中の景気が悪くなり円が上昇するのは明らかだからトラリピで小さく稼ぎながら時が来るのを待つ。結局FXは上に行くか下に行くか丁半の世界だ。

1ドル=110円のボーダーライン(防戦)

ドル円は110円とか105円とか切りの良いところまでくると膠着し、上下行ったり来たりするのが特徴だ。一方的にその節目を突破してしまうことはほとんどない。それであれば110円というラインに来たところで何度も売りを仕掛けて利食いするのが1つの作戦になってくる。

コロナウイルス蔓延で景気が地獄に落ちるのがわかっていながら上値を追い求めている株価。ドル円の連れ高にどこまで耐えられるか。。。