1万円から1億円の戦術(1)

FXは突き詰めれば上がるか下がるかだ。その動きを当てれば儲けられる。しかし実際には上がったり下がったりして利益が結局0になる事が多い。トレンドをつけて一方的な展開になるよりもある一定のレンジで値動きすることのほうが多いのだ。

であれば利益が0になる前にこまめに利食わなければならない。そして意に反して逆に値が動いた場合でも値が戻るまで耐えられるように最小ロットでエントリーする必要がある。

それ故、私の注文単位はいつも最小の0.01ロットである。利が乗れば早めに利食う。逆方向に値が動いた場合でも決して損切りしない。0.01ロットであれば損切りの必要がない。たとえば50銭逆に動いたら再び0.01ロット注文を入れる。さらに50銭逆行すれば再び0.01ロットの注文を入れる。その繰り返し。俗にいうトラリピという手法だろう。

おかげでこの1年間一度も損切りをしたことはない。100戦100勝だ。しかし残念ながらこれを書いている現在、利益とほぼ同額の損失を抱えている(笑)

ファンダメンタルズ観点からしてこれから世の中の景気が悪くなり円が上昇するのは明らかだからトラリピで小さく稼ぎながら時が来るのを待つ。結局FXは上に行くか下に行くか丁半の世界だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です